「Zap/Osadaのインストール」の版間の差分

提供: Akionux-wiki
Share/Save/Bookmark
移動先: 案内検索
(ページの作成:「== 概要 == [https://zotlabs.com/osada/ Osada]はActivityPubとZot6に対応したソーシャルネットワーキングプラットフォーム。 [https://framagit.or…」)
 
(要件)
13行目: 13行目:
 
* Apache
 
* Apache
 
* PHP 7.0以降
 
* PHP 7.0以降
 +
** Slackware 14.2では、[[PHP7をインストールする]]必要があって、これが面倒だった。
 
* MySQL 5.5.3以降またはMariaDBまたはPostgresデータベースサーバ
 
* MySQL 5.5.3以降またはMariaDBまたはPostgresデータベースサーバ
 
* cronによるジョブスケジューリング
 
* cronによるジョブスケジューリング

2018年10月28日 (日) 20:33時点における版

概要

OsadaはActivityPubとZot6に対応したソーシャルネットワーキングプラットフォーム。 INSTALL.txtに沿ってインストールしてみたのでメモしておく。

環境

Slackware 14.2 (x86_64)

バージョン

gitでダウンロードした時点のコミット (バージョン1.4?):

20f7479b83da8d3735a32ffd2d2e19cb4087bf6a

要件

  • Apache
  • PHP 7.0以降
  • MySQL 5.5.3以降またはMariaDBまたはPostgresデータベースサーバ
  • cronによるジョブスケジューリング

ダウンロード

Gitリポジトリでダウンロード。

git clone https://framagit.org/macgirvin/osada.git

手順

.htaccessもダウンロードされていることを確認。

store/[data]/smarty3というディレクトリを作って、ウェブサーバが書き込み可能にする。

mkdir -p "store/[data]/smarty3"
chmod -R 775 store

アドオンのリポジトリを対象Osadaディレクトリでクローンする

util/add_addon_repo https://framagit.org/macgirvin/osada-addons.git zaddons

アドオンのリポジトリをアップデートするときは次のようにする

util/update_addon_repo zaddons

検索可能なオンラインドキュメントの生成

util/importdoc

データベースの作成

mysql -u root -p
create database osadadb;
grant create, select, insert, update, delete, alter, lock tables, index on osadadb.* to 'osadauser'@'localhost' identified by 'password';
flush privileges;
quit

ウェブサーバがディレクトリに書き込みできない場合は、.htconfig.phpという空のファイルを作る。

ウェブサーバの設定をして、アクセスする。 ZOT6のZapにするかActivityPubプロトコルのOsadaにするか選択できる。 設定ウィザードに沿って、先程作成したデータベース名、ユーザ名、パスワードを設定する。

cronで次のようなジョブの設定をする。/home/myname/mywebsiteはosadaのパス。

crontab -e
/10 * * * *    cd /home/myname/mywebsite; /usr/bin/php Zotlabs/Daemon/Master.php Cron > /dev/null 2>&1

設定

  • 新規登録できなくする

osadaのディレクトリで以下のコマンドを実行して、新規登録できなくする。

util/config system register_policy 0

0の部分を2にすると新規登録できるように戻せる。