「Hubzillaの日本語訳」の版間の差分

提供: Akionux-wiki
Share/Save/Bookmark
移動先: 案内検索
(ページの作成:「[https://framagit.org/hubzilla/core/tree/master/view HubzillaのGitリポジトリ]にはまだ日本語訳が反映されてないらしいので、TransifexからHubzil...」)
 
(ファイルとリソースの対応付け)
 
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
 
[https://framagit.org/hubzilla/core/tree/master/view HubzillaのGitリポジトリ]にはまだ日本語訳が反映されてないらしいので、TransifexからHubzillaの日本語訳を持ってきたり、翻訳してアップロードしたりしたときのメモ。
 
[https://framagit.org/hubzilla/core/tree/master/view HubzillaのGitリポジトリ]にはまだ日本語訳が反映されてないらしいので、TransifexからHubzillaの日本語訳を持ってきたり、翻訳してアップロードしたりしたときのメモ。
 +
 
'''Hubzillaが2.8.1のとき (2016年7月)のとても昔のやり方なので、状況が変わってる可能性は高いです。'''
 
'''Hubzillaが2.8.1のとき (2016年7月)のとても昔のやり方なので、状況が変わってる可能性は高いです。'''
  
8行目: 9行目:
 
  sudo pip install --upgrade transifex-client
 
  sudo pip install --upgrade transifex-client
  
 +
リモートURLを設定して、pullする。日本語と翻訳用に英語をダウンロード。
 
<pre>
 
<pre>
 
cd /path/to/hubzilla
 
cd /path/to/hubzilla
37行目: 39行目:
 
== ファイルとリソースの対応付け ==
 
== ファイルとリソースの対応付け ==
 
次は、transifexのある言語(<nowiki><lang></nowiki>)のプロジェクトのリソース(<code>-r</code>で指定)とローカルのファイルを対応付けする方法だったと思われる。
 
次は、transifexのある言語(<nowiki><lang></nowiki>)のプロジェクトのリソース(<code>-r</code>で指定)とローカルのファイルを対応付けする方法だったと思われる。
詳しくは<code>tx set --help</code>を参照。
+
詳しくは<code>tx set --help</code>を参照。次の方法はtrasifex-clientのバージョンがv0.13.0より前のときのものなので、最新の方法は[https://docs.transifex.com/client/config Config&#58; Mapping Files &#124; Transifex Documentation]を参照。
 
<pre>
 
<pre>
 
tx set --auto-local -r red-matrix.hmessagespo 'view/<lang>/hmessages.po' --source-lang en --type PO --source-file translations/red-matrix.hmessagespo/en.po --execute
 
tx set --auto-local -r red-matrix.hmessagespo 'view/<lang>/hmessages.po' --source-lang en --type PO --source-file translations/red-matrix.hmessagespo/en.po --execute

2018年12月1日 (土) 20:56時点における最新版

HubzillaのGitリポジトリにはまだ日本語訳が反映されてないらしいので、TransifexからHubzillaの日本語訳を持ってきたり、翻訳してアップロードしたりしたときのメモ。

Hubzillaが2.8.1のとき (2016年7月)のとても昔のやり方なので、状況が変わってる可能性は高いです。

そもそもHubzillaのTransfexのページはかつては https://www.transifex.com/projects/p/red-matrix にあったんですが、今は https://www.transifex.com/Friendica/hubzilla にあるようです。

日本語訳のダウンロード

まずtransifex-clientをアップグレードしておく

sudo pip install --upgrade transifex-client

リモートURLを設定して、pullする。日本語と翻訳用に英語をダウンロード。

cd /path/to/hubzilla

tx init
tx set --auto-remote https://www.transifex.com/projects/p/red-matrix

tx pull -l en
tx pull -l ja

viewディレクトリに配置する。

mkdir view/ja
cp translations/red-matrix.hmessagespo/ja.po view/ja/hmessages.po
cp translations/red-matrix.lostpass_emltpl/ja.txt view/ja/lostpass_eml.tpl
cp translations/red-matrix.messagespo/ja.po view/ja/messages.po
cp translations/red-matrix.passchanged_emltpl/ja.txt view/ja/passchanged_eml.tpl
cp translations/red-matrix.register_open_emltpl/ja.txt view/ja/register_open_eml.tpl
cp translations/red-matrix.register_verify_emltpl/ja.txt view/ja/register_verify_eml.tpl
cp translations/red-matrix.register_verify_membertpl/ja.txt view/ja/register_verify_member.tpl
cp translations/red-matrix.update_fail_emltpl/ja.txt view/ja/update_fail_eml.tpl

.poはWebページで表示される訳文で、.tplはメールのテンプレート。

Webページに反映させる

Hubzillaのディレクトリで次のコマンドを実行して、hstirngs.phpを生成する:

php util/po2php.php view/ja/hmessages.po

ファイルとリソースの対応付け

次は、transifexのある言語(<lang>)のプロジェクトのリソース(-rで指定)とローカルのファイルを対応付けする方法だったと思われる。 詳しくはtx set --helpを参照。次の方法はtrasifex-clientのバージョンがv0.13.0より前のときのものなので、最新の方法はConfig: Mapping Files | Transifex Documentationを参照。

tx set --auto-local -r red-matrix.hmessagespo 'view/<lang>/hmessages.po' --source-lang en --type PO --source-file translations/red-matrix.hmessagespo/en.po --execute
tx set --auto-local -r red-matrix.lostpass_emltpl 'view/<lang>/lostpass_eml.tpl' --source-lang en --source-file translations/red-matrix.lostpass_emltpl/en.txt --execute
tx set --auto-local -r red-matrix.messagespo 'view/<lang>/messages.po' --source-lang en --type PO --source-file translations/red-matrix.messagespo/en.po --execute
tx set --auto-local -r red-matrix.passchanged_emltpl 'view/<lang>/passchanged_eml.tpl' --source-lang en --source-file translations/red-matrix.passchanged_emltpl/en.txt --execute
tx set --auto-local -r red-matrix.register_open_emltpl 'view/<lang>/register_open_eml.tpl' --source-lang en --source-file translations/red-matrix.register_open_emltpl/en.txt --execute
tx set --auto-local -r red-matrix.register_verify_emltpl 'view/<lang>/register_verify_eml.tpl' --source-lang en --source-file translations/red-matrix.register_verify_emltpl/en.txt --execute
tx set --auto-local -r red-matrix.register_verify_membertpl 'view/<lang>/register_verify_member.tpl' --source-lang en --source-file translations/red-matrix.register_verify_membertpl/en.txt --execute
tx set --auto-local -r red-matrix.update_fail_emltpl 'view/<lang>/update_fail_eml.tpl' --source-lang en --source-file translations/red-matrix.update_fail_emltpl/en.txt --execute

翻訳のアップロード

翻訳したら、txコマンドでプッシュしよう。

tx push -t -r red-matrix.hmessagespo -l ja