xrandrでディスプレイ出力先を切り替える

提供: Akionux-wiki
Share/Save/Bookmark
移動先: 案内検索

xrandrコマンドで出力先ディスプレイ一覧とそれぞれの出力先が対応する解像度を確認する[1]

$ xrandr
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1366 x 768, maximum 32767 x 32767
LVDS1 connected 1366x768+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 293mm x 164mm
   1366x768       60.0*+
   1360x768       59.8     60.0  
   1024x768       60.0  
   800x600        60.3     56.2  
   640x480        59.9  
VGA1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
HDMI1 connected (normal left inverted right x axis y axis)
   1280x800       59.8 +
   1920x1080      60.0  
   1920x1080i     25.0     30.0  
   1680x1050      59.9  
   1400x1050      59.9  
   1280x1024      75.0     60.0  
   1440x900       59.9  
   1152x864       75.0  
   1280x720       50.0     60.0  
   1440x576i      25.0  
   1024x768       85.0     75.1     60.0  
   1440x480i      30.0  
   800x600        85.1     75.0     60.3  
   720x576        50.0  
   720x480        59.9  
   640x480        75.0     60.0     59.9  
   720x400        70.1  
DP1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

上記の出力をしたノートPCではノートPC自身の液晶モニタ(LVDS1)とHDMIでつないでいるプロジェクター(HDMI1)が出力先に指定可能であるということである。

HDMI1へ解像度1280x800で出力するには次のようにコマンドを実行する:

$ xrandr --output  HDMI1 --mode 1280x800

出力をオフにするには次のようにコマンドを実行する:

$ xrandr --output HDMI1 --off

また、複数のディスプレイをつなげるには--left-ofまたは--right-ofオプションを指定する。 例えば、LVDS1の右側をHDMI1へ出力するには、

$ xrandr --output HDMI1 --right-of LVDS1

を実行する。