VirtualBox Guest Additionsをインストールする

提供: Akionux-wiki
Share/Save/Bookmark
移動先: 案内検索

概要

VirtualBox Guest AdditionsはゲストOS側でインストールするもので、これでゲストOSとホストOS間のファイルの共有やクリップボードの共有などができるようになる。

ここでは、ゲストOSがSlackware Linux 14.1環境でVirtualBox Guest Additionsをインストールした。

方法は[1]を参考にした。

方法

http://download.virtualbox.org/virtualbox/ より、使用中のVirtualBoxのバージョンのフォルダへ行って、VBoxGuestAdditions_<version>.isoをダウンロードする。 私の場合はVBoxGuestAdditions_4.3.10.isoをダウンロードした。

VirtualBoxでGuest AdditionsをインストールしたいゲストOSを起動し、メニューのデバイス->仮想CD/DVDディスクファイルの選択でダウンロードしたVBoxGuestAdditions_<version>.isoを選択する。

ゲストOSでCD/DVDをマウントする。

% su -
# mount /dev/sr0 /mnt/cdrom

CD/DVDのディレクトリへ移動し、スーパーユーザ権限で./VBoxLinuxAdditions.runを実行。

# cd /mnt/cdrom
# sh ./VBoxLinuxAdditions.run

再起動

# reboot

Slackware環境下では、次の3つの起動スクリプト:

/etc/rc.d/rc.vboxadd
/etc/rc.d/rc.vboxadd-service
/etc/rc.d/rc.vboxadd-x11

が追加され、/etc/rc.d/rc.localへ次の内容が追加されていた:

# Start vboxadd
# If you do not wish this to be executed here then comment it out,
# and the installer will skip it next time.
if [ -x /etc/rc.d/rc.vboxadd ]; then
    /etc/rc.d/rc.vboxadd start
fi

# Start vboxadd-service
# If you do not wish this to be executed here then comment it out,
# and the installer will skip it next time.
if [ -x /etc/rc.d/rc.vboxadd-service ]; then
    /etc/rc.d/rc.vboxadd-service start
fi

# Start vboxadd-x11
# If you do not wish this to be executed here then comment it out,
# and the installer will skip it next time.
if [ -x /etc/rc.d/rc.vboxadd-x11 ]; then
    /etc/rc.d/rc.vboxadd-x11 start
fi

共有フォルダをマウントする

デバイス -> 共有フォルダ設定でホストOSのマウントしたいフォルダを追加する。

ゲストOSでマウントするには、

mount -t vboxsf <shared_folder_name> <mount-point>

とする。

References