Slackware Linuxにおけるiptablesの設定

提供: Akionux-wiki
Share/Save/Bookmark
移動: 案内検索

概要

Slackware Linuxにおけるiptablesの設定を行う方法。

テスト環境

Slackware Linux 14.0

方法

/etc/rc.d/下にあるrc.inet1が実行されてからネットワークが確立した後にrc.inet2が実行される。

rc.inet2の中でiptablesを設定するスクリプト/etc/rc.d/rc.firewallが実行可能であれば実行し、その後に/etc/rc.d/rc.ip_forwardが実行可能であれば実行してIPフォーワードを有効にするようになっている。

# If there is a firewall script, run it before enabling packet forwarding.
# See the HOWTOs on http://www.netfilter.org/ for documentation on
# setting up a firewall or NAT on Linux.  In some cases this might need to
# be moved past the section below dealing with IP packet forwarding.
if [ -x /etc/rc.d/rc.firewall ]; then
  /etc/rc.d/rc.firewall start
fi

# Turn on IPv4 packet forwarding support.
if [ -x /etc/rc.d/rc.ip_forward ]; then
  . /etc/rc.d/rc.ip_forward start
fi

/etc/rc.d/rc.firewallは自分で作らない限り存在しないので、iptablesを設定したい場合は作成する。

IPフォーワードを有効にするにはrc.ip_forwardを実行可能にしておく。

chmod 755 /etc/rc.d/rc.ip_forward

逆にIPフォーワードを無効にするにはrc.ip_forwardの実行権限をないようにしておく。

chmod 644 /etc/rc.d/rc.ip_forward