Richard Stallmanの記事"What Does It Mean for Your Computer to Be Loyal?"に関して (2014.12.19)

提供: Akionux-wiki
Share/Save/Bookmark
移動先: 案内検索

Richard Stallman氏の新しい記事[1]が出た。概要部分を意訳してみた。

(ここから意訳)

「あなたのコンピュータが忠実(Loyal)であるとはどういうことか?」 by Richard Stallman

あなたのコンピュータでフリーソフトウェアを使うということは、あなたが意のままにそのコンピュータに命令できるということだということは今まで言ってきた。フリーソフトウェアであるということは暗黙的に、あなたのコンピュータはあなたが命令したことそれ以下でもそれ以上でもなく実行するということだ。言い換えれば、コンピュータは忠実(Loyal)であるということだ。 1990年にはコンピュータが忠実なことは当り前だったが、今やそうではなく、多くのコンピュータがユーザーの意に背くように作られている。そこで、今ここでコンピュータがユーザーにとって忠実(Loyal)であるとは何かを定義する必要があるのだ。

(意訳おわり)

"コンピュータはユーザーの意に背くように作られている"というのは例を挙げると、ユーザーの意図しない広告が出てくる、動画や音楽のコピーにロックがかかっている、ソフトウェアの改造をすることができない、ソフトウェアを勝手に更新されてしまう、というようなことがあるだろう。そんなことに振り回されている人は少なくないだろう。 ただ、これらは商業行為自体を否定しているわけではないことに注意しておく。

ここからは私の見解が入るが、systemd問題のように、フリーソフトウェアの理念だけでは対応できない状況がきている。ユーザーが意のままにコンピュータを扱うには、機能ごとにプログラムを自立させ分離するというシステムの設計上の思想、すなわちUNIX哲学が必要なのだ。 例えそれがフリーソフトウェアであっても、複雑な仕様に振り回され、結果的に制御権がなくなるということがありうるのだ。

しかし、Stallman自身はUNIX哲学を公然に語ることができない。なぜならば彼の団体はGNU is Not UNIXだから。 ただ彼も新たな状況に入ってきたことには気づいていて、今回彼が述べた忠実(Loyal)なコンピュータというのは、その新たな状況に対応するためにフリーソフトウェアの概念をより一般化したものかもしれない。

References

  1. Richard Stallman, What Does It Mean for Your Computer to Be Loyal? - GNU Project - Free Software Foundation, http://www.gnu.org/philosophy/loyal-computers.html 2014.12.19閲覧。