Mopidyのインストール

提供: Akionux-wiki
Share/Save/Bookmark
移動先: 案内検索

概要

MopidyはPython製の音楽サーバ。 数多くの拡張機能が用意されている。 ローカルディスクの音楽はもちろん、Spotify、SoundCloud、Google Play Musicなどの音楽の再生ができる。 MPD (Music Player Daemon)やWebクライアントを使った音楽再生のコントロールができる。

あくまでMopidyを起動しているコンピュータで音楽を再生するものであって、音楽を配信する機能はない。

テスト環境

Slackware Linux x86_64 14.2

Mopidy本体のインストール

SlackBuilds.orgを使ってインストールした。次のような依存パッケージがあるので、全てインストールする。

  • multimedia/Mopidy
    • libraries/Pykka
    • python/gst-python
    • network/tornado
      • python/backports-abc
      • libraries/backports-ssl-match-hostname
    • python/python-requests
      • python/python-certifi
      • python/python-chardet
      • python/idna
      • python/python-urllib3

拡張機能のインストール方法

Mopidyの拡張機能はpipで管理され、エクステンション一覧は次のコマンドで表示できる。

pip search mopidy

起動

ユーザでmopidyと実行すれば、起動する

mopidy

デフォルトでhttpが有効になっていたので、http://localhost:6680 へアクセスするとmopidyのページが表示された。 後述の#WebクライアントをインストールするとこのページにインストールされているWebクライアントへのリンクが表示される。

基本的な設定

mopidyの設定はconfigコマンドで確認できる。

mopidy config

この設定を見るとわかるが、XDG Base Directoryの環境変数を指定するようになっている。 すなわちデフォルトでは、設定ファイルは$HOME/.config/mopidy、データは$HOME/.local/share/mopidy、キャッシュは$HOME/.cache/mopidyに置かれることになる。

音楽ファイルのパスはXDG_MUSIC_DIRを指定するようになっているが、この変数はデフォルト値が無かったので、$HOME/.bashrc等の中で指定すれば良いだろう。

export XDG_MUSIC_DIR=$HOME/Music

Webクライアント

Webクライアントは公式のWeb extensionsのページに一覧がある。 例えば、Mopidy-Mopedは次のようにインストールする。

sudo pip install Mopidy-Moped

さらに、mopidy-tuneinをインストールすると、Mopidy-Mopedインターフェース内にインターネットラジオ曲の項目'TuneIn'ができる。