Linuxでノートパソコンのタッチパッドを無効化する

提供: Akionux-wiki
Share/Save/Bookmark
移動: 案内検索

概要

ノートパソコンでUSBマウスを付けて使っているとタッチパネルは不要なのだが、キーボードをタイプするときにタッチパネルが反応してマウスポインタが暴走することがある。 そんな時はタッチパネルを無効にするとよい。

こちら[1]を参考にした。

手順

まず、インプットデバイスを調べる:

$ xinput --list
⎡ Virtual core pointer                    	id=2	[master pointer  (3)]
⎜   ↳ Virtual core XTEST pointer              	id=4	[slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ Logitech USB Optical Mouse              	id=11	[slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ ETPS/2 Elantech Touchpad                	id=14	[slave  pointer  (2)]
⎣ Virtual core keyboard                   	id=3	[master keyboard (2)]
    ↳ Virtual core XTEST keyboard             	id=5	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Power Button                            	id=6	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Video Bus                               	id=7	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Video Bus                               	id=8	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Sleep Button                            	id=9	[slave  keyboard (3)]
    ↳ USB 2.0 UVC VGA WebCam                  	id=10	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Asus WMI hotkeys                        	id=12	[slave  keyboard (3)]
    ↳ AT Translated Set 2 keyboard            	id=13	[slave  keyboard (3)]

上記の場合、ETPS/2 Elantech Touchpadがタッチパッドである。 更に詳しく調べる場合は、

$ xinput --list "ETPS/2 Elantech Touchpad"

$ xinput --list-props "ETPS/2 Elantech Touchpad"

の出力を確認する。

上記の例の場合で、"ETPS/2 Elantech Touchpad"のタッチパッドを無効化するには、

$ xinput set-prop "ETPS/2 Elantech Touchpad" --type=int --format=8 "Device Enabled" 0

とする。

再び有効化するには、

$ xinput set-prop "ETPS/2 Elantech Touchpad" --type=int --format=8 "Device Enabled" 1

とする。

References

  1. hosikiti, UbuntuでノートPCのタッチパッドを有効/無効化するスクリプト - ITコンサルタント成長録