Linuxでストレージのラベルを確認・変更する

提供: Akionux-wiki
Share/Save/Bookmark
移動先: 案内検索

概要

Linuxでストレージデバイスのラベルを確認・変更する。

確認環境

Slackware Linux 14.1

デバイスの確認

lsblkで対象デバイスを確認。

% lsblk  
NAME   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda      8:0    0 596.2G  0 disk 
├─sda1   8:1    0    25G  0 part 
├─sda2   8:2    0 250.1G  0 part /mnt/sda2
├─sda3   8:3    0   317G  0 part /
└─sda4   8:4    0   4.1G  0 part [SWAP]
sdb      8:16   1  59.8G  0 disk 
└─sdb1   8:17   1  59.8G  0 part /run/media/akio/Plamo5.1x64
sdc      8:32   0   1.8T  0 disk 
└─sdc1   8:33   0   1.8T  0 part /run/media/akio/My Passport
sr0     11:0    1  1024M  0 rom

ファイルシステムの種類を確認する

dfコマンドを-Tオプション付きで実行するとファイルシステムの種類を確認できる[1]:

% df -T
ファイルシス   タイプ   1K-blocks      使用     使用可 使用% マウント位置
/dev/sda3      ext4     327052076  62782264  247633500   21% /
tmpfs          tmpfs      4038320         0    4038320    0% /dev/shm
/dev/sda2      fuseblk  262199292 255269036    6930256   98% /mnt/sda2
/dev/sdb1      fuseblk   62643196   3296388   59346808    6% /run/media/hoge/external1
/dev/sdc1      fuseblk 1953480700 818545888 1134934812   42% /run/media/hoge/external2

fat32のラベル

fat32のラベルを変更するには、次の書式でmlabelコマンドを実行する[2]

mlabel -i デバイス名 ::ラベル名

::を付ける必要があることに注意する。

例えば、/dev/sdc2のラベルをSAKURAにするには、

sudo mlabel -i /dev/sdc2 ::SAKURA

と実行する。

デバイスをアンマウントし、再びマウントすればラベルが変更されているのが確認できる。

または、例えば/dev/sdc1をDドライブに割り当てる設定をして:

% sudo vim /etc/mtools.conf
drive d: file="/dev/sdc1"

そのラベルを確認するには、-sオプションを付ける[3]

sudo mlabel -s d:

ext2/ext3/ext4のラベル

  • 現在のラベルを確認[4]
e2label デバイス名
  • ラベルを変更:
e2label デバイス名 ラベル

ntfsのラベル

  • 現在のラベルを確認[5]
ntfslabel デバイス名
  • ラベルを変更:
ntfslabel デバイス名 ラベル

exfatのラベル

slackbuildsリポジトリからexfat-utilsをインストールする:

  • system/exfat-utils
    • system/fuse-exfat
      • development/scons
  • 現在のラベルを確認[6]
exfatlabel デバイス名
  • ラベルを変更:
exfatlabel デバイス名 ラベル

References